現在のページ: 業務分野 / 紛争解決
紛争解決

当事務所は、数多くの法律専門家が、各分野において数多くの紛争案件に携わった経験があり、これを通じて蓄積したノウハウを有効に活用しながら、各種問題への対応、解決にあたっています。クライアントの特殊な法的問題やビジネス上の問題について、我々はその高い対応能力により、スピーディに対応を図る体制を整えています。すべての案件において、クライアントの業務を妨げとなることを最大限に回避し、迅速な問題解決にあたることを目標としています。

 

現在、当事務所の紛争解決チームは、40名以上のパートナー弁護士及び70名以上のアソシエイト弁護士より構成されています。銀行、ビジネスサービス・プロフェッショナルサービス、建設・建築材料、日用品・小売、教育、エネルギー、金融サービス、行政サービス、産業工学、情報技術、保険、メディア、鉱業・冶金工業、医療・ライフサイエンス、不動産、テクノロジー・メディア・通信、海商海事、交通輸送及び物流等の幅広い産業における中国国内企業及び多国籍企業のクライアントに対し、長期的な法的サービスを提供しています。

 

紛争解決の手続において、これまで、数多くの複雑で難しい訴訟や仲裁事件を取扱ってきました。中には、関係者やメディアから注目を集めることとなった先例的な事件も取扱った経験があります。商事紛争、詐欺的商法、金融取引訴訟、不動産取引紛争、知財紛争・知財保護等、どのようなトラブルに巻き込まれた場合であっても、当事務所の紛争解決チームは全面的な法的サポートを提供することが可能です。

訴訟

当事務所は、訴訟分野において豊富な実務経験を有しています。中国の弁護士業界において、訴訟分野のリーディング事務所の一つとも評されています。国内外の商事訴訟(民事訴訟、知財訴訟、労働訴訟を含む)や、企業犯罪、ホワイトカラー犯罪の刑事事件に対する弁護活動も行っています。

 

当事務所は、訴訟分野において多方面にわたる取扱実績を有しています。中でも、外商直接投資M&A取引、金融・証券投資、建築・不動産契約、造船・修繕契約、海事海商、保険、知財・技術許諾、国際通商契約、機器・装置供給協定、銀行融資その他資金調達、労働契約に関連する訴訟・紛争解決に長けています。

 

当事務所は、訴訟分野に特化した弁護士チームを設置しています。当事務所の北京、上海、深センオフィスそれぞれに訴訟を専門に手掛けるパートナー弁護士が在籍しており、各地の人民法院(最高人民法院、地方高級人民法院、知財法院、海事法院)において幅広く活躍しています。

 

当事務所は訴訟分野において主に下記の業務を取扱っています。

  • 潜在的な紛争に対する解決案の提示
  • 訴訟戦略の提案
  • 各種訴訟手続の代理
  • 各種行政調査及び処罰への対応
  • 裁判外紛争解決(ADR)のサポート
  • 訴訟文書の作成、証拠収集
  • 証拠保全、財産保全及び強制執行の申立

仲裁

当事務所は、国際仲裁分野において国内の弁護士業界をリードしています。中国企業では初となったスウェーデン・ストックホルム商工会議所仲裁機関での仲裁事件の取扱い経験があります。それ以降、国内・国際仲裁事件の分野において同業界をリードする中国法律事務所の一つとして活躍してきました。当事務所の仲裁事件に特化した専門チームは、国際貨物取引、海商海事、中国国内への外商投資、中外合弁・提携による企業経営、国際借款団による貸付、プロジェクトファイナンス、建設プロジェクト契約、保険、物流、国際技術移転、特許及びノウハウ使用許諾、商標使用許諾、加工・小分け販売協定等における国際貿易、国際投資、国際金融における協議、調停、専門家審査、仲裁・訴訟等の争議解決方法等のコンサルティング及び紛争解決にあたっています。

 

当事務所は、下記の仲裁機構等において、クライアントの代理人弁護士又は仲裁人として、中国関連の事件を多数取扱ってきました。

  • 国際投資紛争解決センター(ICSID)
  • アメリカ仲裁協会(AAA)
  • 国際商業会議所(ICC)
  • ロンドン国際仲裁裁判所(LCIA)
  • ストックホルム商工会議所仲裁機関(SCC)
  • 香港国際仲裁センター(HKIAC)
  • シンガポール国際仲裁センター(SIAC)
  • 日本商事仲裁協会(JCAA)
  • 大韓商事仲裁法院(KCAB)
  • 中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)
  • 中国海事仲裁委員会(CMAC)
  • 北京仲裁委員会(BAC)
  • 深セン国際仲裁院(SCIA)
  • 上海国際経済貿易仲裁委員会(SHIAC)

外部機構・団体からの評価

What the team is known for Acknowledged for its expertise in handling commercial litigation and arbitration proceedings. Regularly acts for SOEs, foreign companies and financial institutions on disputes such as shareholder rights, equity ownership and capital markets issues. Sector specialisms include maritime, finance, corporate and intellectual property. Also notable for its expertise in handling cross-border arbitration cases, and particularly active in cases considered by the ICC.
—Chambers and Partners Asia-Pacific 2021

 

Strengths  Sources are impressed with their arbitration expertise, with one reporting: "They were very thorough, had a strong grasp of the evidence, and worked very effectively with me to ensure we had good evidence for every point we needed to establish. They had an excellent understanding of procedures in the arbitration system and made very effective use of procedural opportunities. "  Another interviewee adds: "The team draws on case law when writing their analysis and advising us on the dispute resolution matter. I think this sets this practice apart from the others."
—Chambers and Partners Asia-Pacific 2021

 

受賞歴

  • 2008-2021, Recommended firm in Dispute Resolution, Chambers and Partners Asia Pacific
  • 2020, Recommended firm in International & Cross-Border Disputes, Chambers and Partners Global
  • 2001-2020, Recommended firm in Dispute Resolution, The Legal 500 Asia Pacific
  • 2015-2021, Recommended firm in Dispute Resolution, Asialaw Profiles
Litigation
  • 2015-2020, nominated in consecutive years in Litigation Law Firm of the Year, Asian Legal Business
  • 2004-2013, Recommended firm in Dispute Resolution: Litigation, Asian Legal Business
  • 2015-2020, Recommended firm in Dispute Resolution: Litigation, LEGALBAND
Arbitration
  • 2004-2020, nominated in consecutive years in International Arbitration Law Firm of the Year, Asian Legal Business
  • 2015-2020, Recommended firm in Dispute Resolution: Arbitration, LEGALBAND
  • 2020, Recommended in International arbitration, Benchmark Litigation