現在のページ: 業務分野 / 独占禁止法及び競争法
独占禁止法及び競争法

当事務所では、2008年に独占禁止法が施行される前から、独占禁止、国家安全審査及び不正競争防止分野に特化した弁護士チームを設置し業務に当たっています。

 

当事務所の独占禁止・競争法チームは、豊富な実務経験を有するパートナー弁護士及びアソシエイト弁護士より組成されています。その多くは、国内外の独占禁止法執行機関(商務部、国家発展改革委員会及び工商行政管理機関、欧州委員会競争総局)での勤務経験、又は裁判官として長期にわたる行政法執行又は審判業務に従事した経験があり、また弁護士としても豊富な経験を積んでいます。また、医薬品や知的財産に関する専門知識を備えた弁護士もチームメンバーに入っており、卓越した対応能力を備えています。当事務所の独占禁止・競争法チームは、英語、日本語、韓国語等の複数の外国語を使用した業務が可能であり、ハイクオリティな法的サービスを提供することができます。

 

我々はこれまで、医薬品、インターネット、自動車、電子機器、IT、食品、化学工業、銀行、運輸、貿易及び小売等の幅広い分野における国内外のクライアントに、独占禁止・競争法に関するきめ細やかな法的サービスを提供してきました。

独占禁止

当事務所は独占禁止分野において主に下記の業務を取扱っています。

  • 行政通報及び対処
  • 行政調査への対応
  • 民事訴訟・行政訴訟への対応
  • 国内外の事業者結合申告についての対応
  • 独占禁止コンプライアンスに関する法的サービス

代表的な取扱い事例

  • II-VI(ツーシックス)によるフィニサー(Finisar)買収に係る事業者結合申告
  • 中国機械工業集団による中国恒天集団買収に係る事業者結合申告
  • 蘇寧易購集団によるカルフール(中国)ホールディングス買収に係る事業者結合申告
  • 天津港の港湾物流事業者への独占禁止調査への対応
  • 自動車メーカーの販売事業における独占禁止コンプライアンス・プランニング

不正競争防止

当事務所は不正競争防止分野において主に下記の業務を取扱っています。

  • 行政通報及び対処
  • 行政調査への対応
  • 民事訴訟への対応
  • 行政不服審査又は行政訴訟への対応
  • 不正競争防止コンプライアンス・プランニング

国家安全審査

当事務所は国家安全審査分野において主に下記の業務を取扱っています。

  • 国家安全審査申請その他関連手続サポート
  • 国家安全審査への対応
  • 先行的研究、分析等

外部機構・団体からの評価

The team has particular expertise in assisting healthcare and pharmaceutical sector clients with their merger filings; it also handles investigations including price-fixing arrangement initiated by NDRC, as well as anti-trust related compliance issues.
—The Legal 500 Asia Pacific 2019


受賞歴

  • 2020, Recommended firm in Antitrust & Competition, Chambers and Partners Asia Pacific
  • 2017-2020, nominated in consecutive years in Anti-Trust & Competition Law Firm of the Year, Asian Legal Business
  • 2018-2020, Recommended firm in Antitrust and Competition, The Legal 500 Asia Pacific
  • 2017-2020, Recommended firm in Antitrust & Competition, LEGALBAND